治療薬による事故はなぜ起きたのか

治療薬による事故はなぜ起きたのか

治療薬により発生する事故は、患者が原因で引き起こされる場合がほとんどです。

特に多い事例が、治療薬服用時の、他の食材や
薬との飲み合わせにより引き起こされる事故です。

最近になり知られてきましたが、
グレープフルーツには血管拡張作用があります。

その為、動脈硬化などの為の治療薬を処方されている場合、
こちらも同じく血管拡張作用がある為、
効き目が強くなり過ぎるため、血管が切れやすくなります。

また、グレープフルーツが血管を広げると知っていながら、
より効果が現れると勘違いし薬と一緒に飲んでしまうケースもあります。

また、風邪を引いた時など、
風邪薬と栄養ドリンクを同時に摂取する場合もあるかと思いますが、
これらも含まれる成分によっては
不都合な自体を引き起こしてしまいますので注意が必要です。

また、そもそも栄養ドリンクは、種類によっては栄養を補給するというよりは、
体力を一時的に引き上げる作用があるものもあり、
そのタイプのものは、効果が切れると余計に疲れてしまいます。

その為、風邪で弱っている時などに摂取してしまうと、
更に弱ってしまい、危険な状態になってしまうので、
特に、団塊世代の人など、まだその風習があるようなので、
新しい研究に伴った考え方が事故を防ぐ為には重要です。

copyright(C)元気生活を取り戻す